語学を学んでグローバル人材を目指そう│英語で広がるフィールド

対策のために

都会の景色

TOEICはTest of English for International Communicationの略称であり、英語でのコミュニケーションの能力をはかる試験のことです。試験には賛助会員による割引制度などもありますが、一般的な金額として一回受けるのに5725円かかります。TOEIC対策としては参考書で自力で勉強する方法や通信講座や塾などがあります。参考書にはリーディング用とリスニング用のものがあり、それぞれの平均的な価格としては一冊2000円前後となっています。通信講座の方は教材などがそろっている分参考書よりも高くなっており、難易度によっても変化しますが30000円から60000円程度のものとなっています。

TOEICにはほかの試験と違い合格というものがなく点数で能力が表されます。そのため自分の目指す点数によって異なるTOEIC対策を行う必要があります。さらに、TOEIC対策にはリーディングとリスニングをそれぞれ別に考えていかなければなりません。これは、ほかの英語の試験と違いリスニングの割合が多いことから発生しています。 TOEIC対策の主な特徴として解答するスピードの速さに対応すること、というものがあります。これは、TOEICの問題数が解答する時間に対して多く200問を120分で解かなければならず、このスピードに慣れることが第一歩とされているからです。そのほかにも問題がすべて英語で書かれていることから事前に問題の形式を知っておく方が有利になります。